menu toggle

AnyWhere JAPAN ロゴ

海外からでも日本に居る時と同じウェブコンテンツを利用できる!
AnyWhere JAPAN(エニーウェアジャパン)を接続するだけで、どの国からでも、日本のネットサービスが受けられるサービスです。
邪魔にならない手のひらサイズなので、気軽にどこへでも持ち運びができます。

AnyWhere JAPAN 商品イメージ

AnyWhere JAPANなら、
どこでも日本のウェブサービスが受けられます!

Anywhere Japan 設置前と設置後の変化

海外ではWEBを見るのに制限がかかる!?

海外では、ホテルでインターネット接続の制限をかえたり、中国(香港含む)など国によって見ることのできないWEBサービスがある場合がよくあります。
そのような事を避けるために、VPN(Virtual Private Network)でのWEB接続が、海外では必須になります。
しかし通常VPN接続を利用するには、設定が難しかったり、契約作業が発生したりと手間がかかる事が多いのが実情です。

使用できなくなると思われるサービス:

YouTube, Dailymotion, DropBox, Gmail, LINE, Facebook, Twitter, Instagram, ニコニコ動画, GYAO!, DMM.com, AbemaTV, Tver, Hulu日本版, dTV, Radiko

『AnyWhere JAPAN』ならどんな国でも、
簡単に日本のウェブサービスを利用できます!

本製品と有線LANケーブルを出先のネットワークのルーターに接続し、 スマートフォンやパソコンでWiFi接続するだけ。
難しい設定、契約は一切ありません。

もちろん中国のネット検閲「金盾」を回避することも可能です。

ご利用環境に合わせて、2つのプランを用意しております。
ぜひご活用ください。

AnyWhere JAPAN プラン選択

Standardプラン

Standardプラン

■Standardプランなら出張先から社内の資料を閲覧できる!

親機を設置した場所と全く同じネット環境を、海外の子機で再現することができます。
出張先のホテルからでも、簡単に社内に設置した親機経由で社内の資料にアクセスができます。(ホットラインサービス)
経路上は強固な暗号化を行った上での通信なため、覗き見られることはありません。

※回線のご利用には月額料金が必要となります。

Minimumプラン

Minimumプラン

■Minimumプランなら、気軽にすぐご利用可能です!

日本側にネット環境がない場合は、子機のみのお渡しで日本国内にVPN接続できるMinimumプランがあります。

日本のウェブサービスをお手軽に観たい場合は、こちらをオススメします。

※通信トラフィックが発生するため、月額料金と一定量超える分には利用量に応じた従量制となっております。

その他の便利な使い方

■ビエラやnasneなども海外からスムーズに利用できます。

一度初期設定を済ませてしまえば、自動的に宅内の同じLANに参加させるので、意識せずにビエラやnasneなどを外部から利用できるようになります。
※環境によってはうまくいかない場合もあります

ペアリング

利用方法は簡単!難しい設定は不要です。

「AnyWhere JAPAN」は自社の機器を使い自動的に接続する技術を使っていますので、煩わしい設定はありません。
各プランで接続方法は違いますが、簡単に接続が可能です。

VPN接続サービス Standardプラン ご利用イメージ

Standardプランの接続

「Standardプラン」は子機から親機を経由して、
自宅(もしくは会社など)に設置した環境と同じウェブサービスのサーバーにアクセスします。
子機側から、無線LANで、各インターネット機器に接続が可能です。
また「AnyWhere JAPAN」は1対1暗号化通信を行なっているため、
安心、安全にウェブサービスを受けられます。

VPN接続サービス Minimumプラン ご利用イメージ

Minimumプランの接続

「Minimumプラン」は子機から自社独自のVPN(Virtual Private Network)接続をし、
日本と同じ環境でウェブサービスのサーバーにアクセスします。
子機側から、無線LANで、各インターネット機器に接続が可能です。
自社VPNは非常に匿名性の高いサービスとなっておりますので、安全にお使いいただけます。

※Minimumプランについてのご注意
月額料金のほかに、一定の通信トラフィックを超過した場合は利用量に応じた従量制となっております。ご了承下さい。